B.LEAGUEプライバシーポリシー

平成28年5月16日 制定

公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(以下「当リーグ」といいます)は,個人情報保護の重要性を強く認識し,その取り扱いには細心の注意を払います。そのため,当リーグは,当リーグが本サービス(B.LEAGUE会員規約に定める意味を有するものとします)の会員に関する情報をどのように取得,利用,開示,移転および保存するのかについて規定するプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」といいます)を定めます。当リーグが、本ポリシーとは別に、個人情報の取扱いにかかる規程等を定めた場合は、当該規程等と本ポリシーは重畳的に適用されるものとします。但し、当該規程等と本ポリシーが矛盾抵触する場合には、本ポリシーが優先するものとします。

1. 取得する情報

1. 本サービスの登録手続に際して取得する情報

当リーグは,本サービスの登録手続に際して、会員から、以下の情報を提供していただく場合があります。

  • 年齢または生年月日
  • 氏名
  • メールアドレス
  • アカウントへのアクセス者の本人確認に必要なパスワード等のその他の情報
  • 性別
  • 電話番号
  • 住所
  • 当リーグがウェブサイトにおいて取得すると定めた情報
  • その他当リーグが指定する会員に関する情報
2. カスタマーサポートに関連する情報

当リーグは、会員が本サービスのカスタマーサポートのサポートを受けるにあたり提供する連絡先情報(通常は氏名とメールアドレスですがこれらに限られません),サービス上のアクティビティに関する情報,および会員IDを取得,保管することがあります。また,サポートの際のやり取りおよびその中に含まれる情報も保管することがあります。

3. クッキー等を利用した情報取得

当リーグ(本サービスの提供について当リーグから委託を受けた者を含みます)は、会員が本サービスにアクセスする際,ログファイルおよびトラッキング技術を使用し,クッキー,IPアドレス,ブラウザの種類,ブラウザの言語,参照ページおよび出口ページ,プラットフォームの種類,クリック数,ドメイン名,ランディングページ,ページ閲覧数およびページの閲覧順序,各ページのURL,特定のページの閲覧時間,アプリもしくはウェブサイトの状況および当リーグのアプリもしくはウェブサイトにおけるアクティビティを行った日時,およびその他の情報を取得,分析します。内部での使用を目的とし,これらの情報を会員の会員ID番号と関連付ける場合もあります。

2. 取得した情報の利用

当リーグは,取得した会員の情報(個人情報を含みます。以下「会員情報」といいます)を以下の目的のために利用します。

  • 当リーグの商品・サービス等の提供、連絡及び関連する規約等の変更などの重要な通知のため
  • 当リーグの商品・サービス等その他のバスケットボールに関する商品・サービス等の開発,提供,メンテナンス及び向上に役立てるため
  • 当リーグの商品・サービス等その他のバスケットボールに関する商品・サービス等の広告の開発,配信・提供およびその成果確認のため
  • 本人確認,認証サービスのため
  • アンケート、懸賞,キャンペーンの実施のため
  • マーケティング調査,統計,分析のため
  • システムメンテナンス,会員からの問い合わせ対応のため
  • 不正行為または違法となる可能性のある行為を防止するため
  • 当リーグの利用規約を執行するため
  • その他、当リーグの各サービスにおいて定める目的のため

3. 会員情報の第三者への開示・提供

当リーグは,以下の場合,会員情報を第三者に提供することがあります。

  • 会員の同意を得た場合
    当リーグは,会員の同意を得た場合,会員情報を第三者である会社,組織,個人に提供することがあります。
  • 第三者サービス提供者への提供
    当リーグは、データ分析,メール送信,ホスティングサービス,カスタマーサービスなどを当リーグの代理で行うサービスを提供する第三者,当リーグのマーケティングのサポートを行う第三者,または,当リーグと共にバスケットボールに関する商品・サービス等の開発,提供を行う第三者に対して会員情報を提供する場合があります。当リーグは、これらの第三者に対して,開示情報の機密を保持し,当リーグの代理でサービスを提供する以外の目的に会員情報を使用しないように指示するものとします。
  • 第三者広告主への提供
    当リーグは,(i) 特定の技術情報(IPアドレスを含みます),(ii) 個人を特定できない統計情報,(iii) 個人を特定できないサービスの利用に関する情報を、[定義](以下「第三者広告主」といいます)に提供することがあります。会員は,このような情報を当リーグまたは第三者広告主が会員傾向分析,人口統計分析,ウェブ分析のため,また,会員に行動ターゲティング広告のために使用することに同意します。
  • 法律上の理由
    会員の居住国内外において,法律,規則,法的手続または公的もしくは政府機関からの要求により,当リーグが会員情報を開示することが必要になる場合があります。当リーグは,国家安全保障,法の執行またはその他の公益の実現のために必要または適切であると判断した場合,会員情報を開示することがあります。当リーグは,当リーグの利用規約の執行,当リーグの運営もしくは会員の保護のために,開示が合理的に必要であると判断する場合,会員情報を開示することがあります。
  • 売却または合併
    組織再編,合併または譲渡に際し,当リーグが取得した会員情報の全部または一部を関係者に移転することがあります。

4. 会員情報の共同利用

当リーグは、以下のとおり、会員情報を共同利用することがあります。

  • 共同利用する者の範囲
    男子プロバスケットボールである「B.LEAGUE(Bリーグ)」に所属するクラブチーム(B1クラブ、B2クラブおよびB3クラブを意味します。以下「各クラブ」といいます)、公益財団法人日本バスケットボール協会ならびに一般社団法人ジャパン・バスケットボール・リーグ
  • 共同利用する情報項目
    「1.取得する情報」記載の各情報、会員ID番号及びパスワード(会員情報)
  • 共同利用の目的
    「2. 取得した情報の利用」記載の目的および各クラブの商品・サービスの提供のため
  • 共同利用の管理責任者
    当リーグ

5. 個人情報の保護

  • 当リーグは,会員の個人情報の紛失,盗用,悪用,不正アクセス,開示,改ざんおよび破壊を防ぐための,合理的な,管理上の,技術的および物理的措置を講じています。
  • 当リーグは、会員の個人情報の安全性を保持するため,従業員にプライバシーおよび安全性のガイドラインを伝達し,社内でのプライバシー保護対策を徹底しています。

6. 個人情報へのアクセス

  • 当リーグは、法律または正当な事業目的のために当該データの保存を要求されない限り,会員が当リーグに対して,会員の個人情報について、不正確なデータの訂正またはデータの削除を要請するためにアクセスできるように,商業的に合理的な努力をします。
  • 当リーグは、会員の個人情報が誤っている場合,速やかに当該情報を更新または削除する方法を会員に提供するように,誠実に努力します。ただし,正当なビジネス上または法律上の目的で当該情報を保持する必要がある場合を除きます。
  • 当リーグは、会員からの要請に対応するにあたり,当該会員に対して、本人確認をお願いすることがあります
  • 当リーグは,不合理に繰り返し行われる要請,過度の技術的努力を要する要請,他者のプライバシーを害する虞のある要請,著しく非現実的な要請または法律上の根拠に基づかない要請については,お断りすることがございます。

7. 取得した情報の廃棄

取得した会員情報は,当リーグによる通常の事業運営に照らして,合理的に不要と判断される時点で廃棄します。

8. お問い合わせ

本ポリシーに関する質問やお問い合わせは,下記のご連絡先宛にご連絡ください。


pr@bleague.jp

9. 本ポリシーの変更

当リーグは,本ポリシーを随時更新することがあります。本ポリシーの重要な変更は,最新の本ポリシーとともにB.LEAGUE公式サイトに掲示します。本ポリシーの変更は,当リーグが本サービス上に掲載した時点から適用されるものとします。